『Maru-Jan』(マルジャン)は、シグナルトークによって制作されたオンライン麻雀ゲームだ。
プロジェクト・ファイナンスによる資金調達で話題を揃え、「究極のオンライン麻雀ゲーム」にかけて開発されました。
徹底したリアル志向を最大の売りとしている。
グラフィック・サウンド・プログラム全てが実在の全自動麻雀卓を
参考に制作されてあり、正に麻雀卓として麻雀に興じていらっしゃるような感覚を楽しめる。
一際雑誌や情報サイト等の紹介で取り上げられることが多いのは、「洗牌ときの牌の偏り」です。
全自動麻雀卓による洗牌は一見すると均等に牌が分散されている様に思えるが、
実際には牌の並びにある程度の偏りが生まれることになる。
例えば、牌を減らすときに、先に落とされた牌が下山に積まれ易いと言われるのも、
全自動麻雀卓の山を積み込むメカニズムが関係している。
本作ではそういった牌の偏りをプログラムで再現することを目指している。
東風戦1ゲーム80ポイント(80円相当)、東南戦1ゲーム150ポイント(150円相当)、三麻1ゲーム100ポイント(100円相当)。
丸雀プロリーグでは200ポイント(200円相当)となるが、
2位でも100ポイント返還されるなど、一層着順争いが厳しくなる。
ポイントは通常、以下の単位で購入できる。
1000 ポイント 1000円(税込)
2100 ポイント 2000円(税込)
5800 ポイント 5000円(税込)
12000 ポイント 10000円(税込)
なお、一位になると無料でゲームを続行できる。(続行しない場合はゲーム代が返還される。)
ポイントは、一位になること以外でもイベントに参加して嬉しい成績を残すことでも取れる。
Maru-Janは、確かにグラフィックの魅力などを求めると素晴らしとおもいます。
ただ、料金的にどうでしょうか?
確かに1位になった場合無料になるのは喜ばしいのですが、何しろゲームだ。
お金が伸びる事はありません。
その点DORA麻雀は、リアルマネーを賭けてプレイできます。
レートも幅広くあり$0.50/$1/$2/$4/$8/$16/$32/$64だ。
一番低いレートでプレイした場合$0.50で日本円で約45円だ。
しかも勝って1位になったときの賞金は、場代などをひかない額で$2だ。
なので、約$1ちょっとの利益になりますので、それでプレイできます。
オンライン麻雀ゲームを楽しみたい場合に貴方が何を貪るかによって
おすすめするオンライン麻雀も変わりますが、DORA麻雀は、料金的にも
優れていると思います。
ただ、Maru-Janほどグラフィックは綺麗ではないので、そこを探し回る人は、
Maru-Janや真雀龍門がおすすめですね。