入り目(はいりめ、いりめ)
テンパイしたまま引いた牌もしくはその牌のスジのこと。
配牌(うんぱい)
局の当初、山から食する牌の事。
飜(はん)
倍にやるに関してで、アガリ役の単位の事。
半莊(はんちゃん)
東場(とんば)を四局、南場(なんば)四局をする事。麻雀1ゲームの単位。
半荘
麻雀は、通常半荘(ハンチャン)を単位として競技浴びる。半荘は著しく前半と後半に分かれ前半を東場(トンバ)、後半を南場(ナンバ)という。東場・南場はそれぞれ4つの局による。東1局から開始され、東4局が終了した後は南入といって南1局に入り南4局の終了をもちまして1試合とする。簡単に例えるなら、麻雀は1試合8ラウンドで争われるについてになる。ただし連荘(詳細は後述)が生じた場合は局が追加されるため、あんまり8局(ラウンド)で終わるとは限らない。またプレイヤーの誰かの保ち点がマイナスとなった時折トビないしハコテンとして半荘が終了するルールもあり、1局で半荘が終えることもありうる。
爆弾、爆弾積み
積込み技の一種。イカサマ。
箱(ハコ割れ、ハコテン、ドボン、トビ、ぶっとび)
ハジキ(弾き)
イカサマの一種。他家の聴牌まま自分の捨てようとしている牌がその他家の当たり牌と読んだ場合、河に六枚切りに捨てて生じる一段目の6枚目もしくはその近くの牌を弾いてその牌を捨てたかのようにして挙げるイカサマ。なお、その6枚目もしくはその近くの牌が安全牌でなければならない。

平場(ひらば)
積み棒のない局の事。
引きヅモ
ツモ和了の際、ツモってきた牌を卓の淵に貼ること。張り付けること自体が引きヅモに当たり、その際の強弱は問わない。
ヒラ・ヒラ打ち
おもにフィクションなどで、なんらかのイカサマ技を習得している打ち手が)イカサマを使わないで打つこと。

符(ふ)
和りの点数計算の基礎単位の事。点数計算を覚えるときに必要となる。
風牌(ふうぱい)
東・南・西・北をまとめてこう叫ぶ。
奥深い、山に濃い
ツモ山の後半から終盤のこと。あるいは現時点から見て時間的に遠いツモ山の場所のこと。
副露(ふーろ)
他家の投げ捨て牌をチー・ポン・カンする事。鳴く、食うとも言う。
伏せ牌(ふせええ)
手牌を伏せること。また、手牌を伏せた状態で打つこと。オンライン麻雀では聴衆に対して手牌を伏せること。
振り込む
af自分の捨てた牌を他家にロンアガリ浴びる事。放銃(ほうじゅう)とも言う。
振聴(ふりてん)は
アガリとなる待ち牌のいずれかを自分で捨ててあるときの聴牌(てんぱい)。
ぶつ(打つ)
麻雀をすること。やや古風な言い回し。

北家(ぺーちゃ)
東家(とんちゃ)の上家(かみちゃ)の事。
ヘタ殺し(へたごろし)
素人や初心者には甚だ凄いこと。
ベタ師(べたし)
エレベーターを使うペテン師のこと。
辺張(ぺんちゃん)
「1・2」、「8・9」で3や7を待つ形の事。
ベタ積み(べたづみ)
積み込み技の一種。自分のツモ筋があるほうの列(東家/西家なら上山、南家/北家なら下山)に好牌を積み、これから一方の列にはクズ牌を積み込む積み込み方のこと。

放銃(ほうじゅう)
自分の捨てた牌を他家にロンアガリ浴びる事。振り込むとも言う。
本場(ほんば)
親が連荘(れんちゃん)した場合と、誰もあがらずに局がすすむんだときのこと。1 、2、3、4…本場という。例:連続で三回親があがった場合、次の局は3本場です。皆に分かるように百点棒を一本置くことがある。
本走(ほんそう)
雀荘用語。メンバーが卓に入って(自腹で)打つこと。対義語は「代走」(だいそう)。
暴牌(ぼうええ)
明らかな危険牌を下回ること。あるいはその牌のこと。
麻雀用語から派生した言葉
白板(パイパン)
三元牌の一つ。通称白(「ハク」または「済ませろ」)。
字も絵も一切彫られていない真っ白の状態であることから女性の無毛症、または女性の陰毛を剃り落とした状態を示す。