ネットでの麻雀と言えば天鳳(テンホウ)。
そんなに言っても過言ではないほどの人気と者の数を誇っている無料オンライン麻雀だ。
無料で、オンラインで、麻雀ができる。それがオンライン麻雀であり、天鳳。
天鳳が人気の理由としては、者が多く、待ち時間はあまり無く、段位が高まることや、プレイ履歴(将棋の棋譜のようなもの)、
様々な面で抜き出ているオンライン麻雀だ。
日々のプレイ人数(アクティブな者数)が見れるのですが、たいてい毎日1万人以上の者がいる。
天鳳が人気な理由はいくつかあると思いますが、ユーザビリティに優れている点は大きいと思います。
ブラウザで遊ぶことが出来るというのも1つポイントでしょう。
天鳳では四人打ち麻雀とサンマ(三人麻雀)があり、それぞれに東風戦・東南戦が用意されている。
四人打ち麻雀については、一層4つのルールから選択出来ある。
4つは、喰いタンの有無、喰いタンありは赤の有無、赤ありは
持ち時間の短いものと通常のものが、選択できる。
なお、全てのフリー対戦卓で、ゲームの対戦相手は予約者から自動でマッチングがなさる。
天鳳における評価は、レーティング制と並行して段級位制を採用して要る。
レーティングとともに、IDユーザーのみが利用することができる。
登録時折「新人」からはじまり、ゲームの成績によって増減始めるポイントで昇級・昇段(・降級・降段)が仕上がる。
段位によって、打つことのできる卓が変わる。
新人と級位者は一般卓しか利用できないが、1級以上もしくは有料会員で上級卓を、
四段以上(かつR1800以上)で特上卓を、七段以上(かつR2000以上)で鳳凰卓を利用できる。
ただし、鳳凰卓はエコノミー版では条件に満たしていても利用できない。
上位の卓においては1位・2位のポイント増加分が大きい一方、上位の段級位のプレイヤーは4位のポイント減少分が大きくなっている。したがってプレイヤーの実力が一定ならば、段位がのぼり続けたり下がり続けたりすることはない。
ですが、段位って上げて何にのぼるんでしょうか。
ですが、正直・・・飽きました。
なんかアツくなれないんですよね。
途中から”段位”を引き上げることに意味を見いだせなくなりました。
それは、DORA麻雀を知ってしまったからです。
DORA麻雀は、本当にお金を賭けてプレイする事ができます。
その賭けがあるからこそ、アツく生まれ変われるし、真剣に麻雀を打っている。
しかしながら日本の法律では日本のオンライン麻雀でお金を賭けて利用することは法律で禁止されています。
これは変えようのない事実です。
しかし、DORA麻雀は、海外の運営でオンラインカジノと同じような扱いになりますので、日本では、違法でも合法でもないのです。
つまり、制限する法が今の所ないのです。
麻雀自体は世界一おかしいゲームだと思いますし、飽きないゲームだ。
リアルではそうですが、それは牌を本当に触ったり、
点棒を投げてリーチしたりということが出来るからですよね?
あとは、賭けですよね。
それがネットの麻雀で行えるわけですからこんなにも楽しいモノはありません。
正直DORA麻雀は、天鳳よりグラフィックの魅力では、おとります。
そういったオンライン麻雀ですが、現在至って人気が出てきて、者が増えてきているのです。
登録は無料で無料ゲームもあります。
ただ、無料ゲームは対戦ではないので侘しいかもしれません。
本当に現金を賭けてプレイするアツを知ってしまうと本気で麻雀をするようになりました。
麻雀が遊びから稼ぐ手段へ。本物の雀士になりたい方はこちらをクリック